魚松京兆尹の宮廷菓子@台湾・台北

2008年07月30日

台湾ビール。

どこに行っても暑いですね〜

初めての台湾ビールです。アルコール度数は4.5%。
風味はライトで、ちょっと甘い?カンジのビール
東南アジアによくあるビールのタイプと思います。


台湾ビールは、麦芽(麦を発芽させたもの)80%、蓬莱米18%、ホップ2%とビール酵母から作られています。ちなみに、蓬莱米というのは、普通の台湾米ともち米のちょうど中間くらい、少しねっとりとして水分量の多い、日本米のようなお米だそうです。そんなお米を使っているから、台湾ビールは日本人(私?)の口に合うのですね〜。

日本酒同様、お米の糖分で甘くなるのでしょうか。

台湾ビール@晶華酒店のバー(酒屋ではありません、笑)。
なぜかアサヒビールのグラスで。
ちなみにこの台湾ビール600mlの値段は、フツーにお店で買うと50〜55元(177円〜195円)位だそうです。
一般的な物価はあまり変わりません。日本より安いのは、食べ物とマッサージとタクシーだけだそうです(笑)。

台湾ビール@グランドフォルモサリージェント(晶華酒店)のバー『ザ・ギャラリー』
Powered by PICS




kimono_ann at 15:25│TrackBack(0) お出かけ。 | スイーツ・土産・名物。

トラックバックURL

魚松京兆尹の宮廷菓子@台湾・台北