【佐賀】江戸末期の武家屋敷で味わう和カフェランチ♪@小城鍋島家 テン【福岡】志賀島の名物サザエ丼♪@中西食堂

2021年01月13日

【福岡】1/15で閉店!昭和の味♪@名物ちんめん あま太郎 ソラリアステージ店

【店名】名物ちんめん あま太郎 公式HP
【住所】福岡県福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージビルB2F
【営業】11:00〜22:00(L.O.21:30) ※要確認
【定休】不定休 ※要確認
※西鉄・福岡(天神)駅より直結。

no title


昭和35年(1960年)、天神の西鉄名店街に甘味喫茶として創業しました。
甘味喫茶ですが、今では各種『ちんめん』がメインのお食事処になっています。
店名にもなっている『ちんめん(珍麺)』は、創業者が韓国で食べた冷麺をヒントに
考案した『冷やしちんめん』が始まりです。
蕎麦でもない、うどんでもない、珍しい麺だから『ちんめん』。
豚骨ラーメンではなく、優しい鶏出汁醤油味のスープと卵麺。
そんな名物ちんめんと甘味が食べられるお店として、昭和50年代は天神の定番ランチや女子高生の溜まり場として、たいそう人気があったお店だそうです。
その当時からのファンなのか、シニア層のお客さんも多いです。
イマドキの味ではないかもしれませんが、昭和世代にはなんだかほっとする懐かしい味ですよ♪
低脂質なのでヘルシーな麺料理でもあります。
しかし、残念ながら、今年1/15で閉店されます(ネット通販は継続されるとのこと)。

1

天神の中心部・西鉄系列のファッションビル『ソラリアステージ』地下2階の飲食店フロアにあります。

2

ラーメン屋さんのようなショーケース。
元々は甘味喫茶でしたが、現在はちんめんのセットに甘味デザートが付いている程度になっています。

3

こちらの、一見普通の冷やし中華に見える見本が、ちんめんの元祖となった『冷やしちんめん』。
これは夏に限らず1年中あるメニューで、公式サイトには、
『「冷やしちんめんを食べてこその “ちんめん” だ」という常連さんも少なくないです。』
とありました。
もう、これは冷やしちんめんを食べるしかないですね!

4

駅前のファッションビル内の飲食店ですから、席間にゆとりはありませんが、
コロナ対策はしっかりされています。

5

基本の『ひやしちんめん』は680円(税別)。
その他は、トッピング増しで、鶏唐揚げ(チーコ)・豚唐揚げ(パーコ)・モヤシがあります。

6

今回頂いたのは、鶏唐揚げトッピングの『チーコ特製ひやし』800円。

7

こんもりとして結構ボリュームあるなーと思ったら、具と麺の間に緩衝材としてたっぷりの千切りキャベツがかましてありました。

8

優しい酸味の醤油味のスープがたっぷり。
しっかり冷やして締まったシコシコの玉子麺。
たっぷりのキャベツや具材と頂くので、サラダ麺感覚です。
唐揚げは衣がしっかりクリスピーで美味しかったです。

9

とは言え、今は寒い時期なので、温かいメニューを召し上がってる方が多かったです。
基本のホットちんめんは630円。

10

こちらは、豚唐揚げ入りのパーコちんめん730円。
日本の中華店によくあるパーコーメン(排骨麺)は、トンカツのような衣揚げの豚肉がのった醤油ラーメンですが、
こちらは、豚ロース肉の薄切りを唐揚げにしたものがのってます。
スープが和風寄りの醤油味であっさりしているので、中華のパーコー麺よりはライト感覚で頂けます。

11

『とんこつ風ちんめん』もありますが、実際は豚骨スープではありません。
ベースの鶏出汁醤油スープに生クリームを加えた白濁豚骨スープ風なんだそうです。

12

テイクアウトや通販もされています。
ごちそうさまでした♪

13

博多のあんのインスタグラム




博多のあん はやわかりYouTube




食べログ【博多女のB級グルメ節。】
【福岡】1/15で閉店!昭和の味♪@名物ちんめん あま太郎 ソラリアステージ店



グルメレビュアーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメレビュアーランキング

あま太郎 ソラリアステージ店ラーメン / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



kimono_ann at 11:30│ 麺(福岡市中央区)。 
【佐賀】江戸末期の武家屋敷で味わう和カフェランチ♪@小城鍋島家 テン【福岡】志賀島の名物サザエ丼♪@中西食堂