2017年02月21日

【福岡】オトナカジュアルなスパイシー中華♪@凛丹 一椀居

【店名】凛丹 一碗居(リンタン イーワンキョ) 凛丹公式HP
【住所】福岡県福岡市中央区平尾1-13-3 ジェンティーレ薬院1F
【営業】18:00〜翌2:00(L.O.翌1:00) ※要確認
【定休】火曜日 ※要確認
※地下鉄・薬院駅2番口より徒歩5分。
※他に、中国菜 凛丹(福岡市中央区六本松)と四合院凛丹(福岡市中央区西中洲)があります。

1


福岡市中央区六本松に1号店『凛丹』、福岡市中央区西中洲に2号店『中国菜 四合院 凛丹』があり、
どちらも大変人気で、行きたいと思いつつ、タイミング良く予約が出来ないままで、
福岡市中央区平尾(薬院新川近く)にオープンした3号店にやっと行くことができました。
目立つような目立たないような外観ですが、ガラス張りなので入りやすい感じですね。

2

店内はシックにまとめてありますが、1号店・2号店より中華居酒屋っぽいコンセプトだそうです。
入店時は空席(予約済み)がありましたが、間もなく満席になりました。
満席状態になると、確かに中華居酒屋のように活気ある雰囲気があります。

3

今回はアラカルトでの注文です。
メニューは結構多く、選ぶ楽しみもありますが、かなり迷いますね。
コースもあるのかもしれませんが、友人におまかせのセレクトです。
生ビールで乾杯!
スターターは、自家製干し肉のサラダ。
『干し肉』ということで、カチカチの保存食をイメージしていましたが、
脂の多い豚三枚肉をナマっぽくドライ加工したものを炙ったもので、表面は香ばしく、脂はジュワッ!と快楽的。
炙りチャーシューというより、薫香がない炙りベーコンみたいな感じでしょうか。

4

北京棒餃子(5個)。
ボーギョーザは某チェーン系中華屋で食べて以来ですね。
中身は勿論ですが、むっちりした皮も美味しいです。
今回、総括的に思ったのは、コナモン美味い(笑)!

5

生ビの次は、上海ハイボール。
紹興酒を炭酸水で割ったものです。
シュワシュワ弱めなのがチョット残念ですが、生ビ同様、点心に合いますね。

6

鶏皮のパリパリ揚げ 山椒唐辛子風味。
鶏皮独特の食感がなくなるまで、クリスピーに揚げたスナック感覚のお料理です。
ケンミンショーに出た焼鳥屋の鳥皮ぐるぐる巻きよりコッチのほうが好きかも〜(笑)♪
画像には見えませんが、中には唐辛子もゴロゴロ入ってます。
唐辛子をちょっとずつかじりながら、パクチーも頬張りながら、
オレンジ色の複雑ウマ辛スパイスパウダーにまぶされたカリカリの鶏皮を頂きます。

7

緑豆春雨と細切り豚肉の醤油炒め。

8

醤油と食材の旨味を吸った、飴細工のように美しい太い春雨。
優しいモチモチ食感がエロい(笑)。
紹興酒のコクともマッチします。

9

叩き海老と豚肉が入った腸粉。
焼きと蒸しの2種です。
焼きは珍しいですね。
青唐辛子とニンニク入りの醤油で頂きます。
香り高い粗挽きの具とムチムチの皮を頬張る幸せ♪
腸粉は、香港の大衆的な飲茶でしか食べたことないけど、こちらのものはとっても上質です。

10

最後にシメ麺。
葱油醤油和え麺です。
麺は生パスタみたいに弾力があって美味しかったです。
スパイシーで、コナモンが美味いお店でした♪

11

以下、店頭にあったメニューの一部です。
店内の黒板メニューにもその日のオススメが書いてありました。
本格派なのに、お値段は比較的リーズナブル、ボリュームもそれなりにあって良かったです。
納得の大人気店でした♪

12

13

14

15

凛丹 一碗居
ジャンル:中華料理
アクセス:福岡市営七隈線薬院駅2番口 徒歩5分
住所:〒810-0044 福岡県福岡市中央区平尾1-13-3(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 平尾・清川×中華料理
情報掲載日:2017年2月20日

食べログ【博多女のB級グルメ節。】
【福岡】オトナカジュアルなスパイシー中華♪@凛丹 一椀居



グルメブロガーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメブログランキング

凛丹 一碗居中華料理 / 薬院大通)
夜総合点★★★☆☆ 3.6



トラックバックURL