2016年09月12日

【福岡】天神デパ地下で折尾名物・かしわめし♪@東筑軒 博多大丸店

【店名】東筑軒 博多大丸店 公式HP
【住所】福岡県福岡市中央区天神1-4-1 博多大丸福岡天神店 エルガーラB2F惣菜コーナー
【営業】10:00〜20:00 ※要確認
【定休】不定休 ※要確認

3


九州の駅弁の代表格とも言えるのが、東筑軒(とうちくけん)の『かしわめし』です。
福岡県北九州市八幡西区のJR折尾駅発祥の駅弁です。
『かしわめし』というと、博多では博多うどんのサイドメニューの定番の
かしわ飯(鶏肉入りの炊き込みご飯)を連想してしまいますが、
こちらのかしわめし弁当は、目にも舌にも美味しい三色ご飯弁当です。

東筑軒は、大正10年(西暦1921年)に国鉄・折尾駅で創業した『筑紫軒』という弁当屋が前身だそうです。
福岡は、鶏の水炊きが名物になっているように、昔から鶏肉を好んで食べる土地柄。
そこで鶏のスープの炊き込みご飯に鶏肉と卵をあしらった『親子めし』を考案。
それが、後に『折尾名物 かしわめし』になったそうです。
「鶏肉以上にご飯が美味い!」ということで、当時から大層評判だったとか。

4

いわゆる三色そぼろ弁当みたいな感じですが、
ご飯は白ご飯ではなく、特製出汁で煮込んだかしわ(鶏肉)入りの炊き込みご飯。
更に、上にフレーク状の鶏肉そぼろと錦糸玉子と刻み海苔をのせた夢のようなかしわ企画!
市販の駅弁ということで、味が濃いのではないかと予想されましたが、意外に薄味。
ご飯とトッピング具材を一緒に食べると、丁度良いバランスになっています。
とは言え、かしわが甘めに味付けされているのが九州らしいですね。
他のおかずが少なく、ご飯ものがメインなので単調な味のようですが、
かしわめしとかしわそぼろ、かしわめしと錦糸玉子、かしわめしと刻み海苔と
それなりに変化を楽しめるので飽きません。

1

東筑軒のかしわめし弁当は、お膝元である北九州市をメインに販売されておりますが、
福岡市だと、JR博多駅構内(委託販売)と天神の百貨店・博多大丸地下で購入することが出来ます。
野球シーズン中は、ソフトバンクホークスの試合日にヤフオク!ドーム内でも限定弁当で販売されているそうです。
定番は、かしわめしメインの弁当(小サイズ・大サイズ)ですが、
豪華な大名駕籠(かご)を模した弁当箱(二段重)に彩良くおかずが入っている
『大名道中駕籠かしわ』というゴージャスバージョンもあります。
これから、秋の行楽シーズンですから、是非ともリアルに列車の中で頂きたい駅弁です。

メニュー

食べログ【博多女のB級グルメ節。】
【福岡】天神デパ地下で折尾名物・かしわめし♪@東筑軒 博多大丸店



グルメブロガーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメブログランキング

東筑軒 博多大丸店弁当 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)天神駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



kimono_ann at 10:46│TrackBack(0) 惣菜・つまみ・弁当 

トラックバックURL