2016年02月08日

【福岡】オープン過ぎるキッチンが楽しいビストロ♪@Yorgo(ヨルゴ)

【店名】Yorgo(ヨルゴ) 公式FB
【住所】福岡県福岡市中央区警固2-15-20
【営業】18:00〜翌1:00(L.O.24:00) ※要確認
【定休】月曜日 ※要確認
※地下鉄・赤坂駅より徒歩8分。

1トップ


福岡市中央区警固にあるビストロですが、フランスと東京で経験を積まれたオーナーが、
更に和食や創作系の楽しいエッセンスも取り入れ、魅力的なお店になってます。
外観は静かで目立たない感じですが、中に入るとフルオープンキッチンを装備した
活気ある雰囲気になってます。

1外観

テーブル席もありますが、醍醐味はカウンター席にあります。
一枚板の木目が美しいカウンターと厨房の調理台が同じ高さになっており、
通常のオープンキッチン以上のライブ感を味わえます。
眺めてるだけで、多分お一人様でも退屈しないんじゃないでしょうか。

2ビール

生ビールで乾杯して、メニューを眺めます。
フレンチな一品もあれば、洋風居酒屋みたいな、和食みたいなメニューもあり、面白いです。
ちなみにお一人様の場合のみ、ハーフサイズの注文が可能だそうです。

3メニュー

とりあえずは、お店のカラーが出るパテ・ド・カンパーニュ。
木のボードで、マスタードと紫キャベツのピクルスと共に提供されました。
期待通り、どっしりと目が詰まって、ニクニクしいパテカンです。

4パテカン

パン。
福岡市南区花畑の人気店『ベーカリー・タツヤ』のものだそうです。

5ベーカリータツヤ

イチヂクバター。
これだけはハーフサイズにして頂きました。
小岩井のレーズンバターをもっと大きくした感じ。
イチヂクのネチっとツブっとした食感とバターのまろやかさが合います。
ワインにいいですね♪

6イチヂクバター

これは、とっても和食的な感じの菜の花としらす。
塩味に近い位の味付けで、菜の花の風味を活かしてます。

7菜の花としらす

日本の白ワインに合いますね。

8ワイン

〆さばと金柑のキャロットラペ。
キャロットラペ自体は、付け合わせでもよく出る家庭的な料理ですが、
こちらは、厚くカットした生っぽいシメサバと甘い金柑スライスを合わせた、和食のなますっぽい感じです。

9〆さばと金柑のキャロットラペ

軽い赤ワインに合います。

9ワイン

こちらの人気定番料理のウニとじゃがいも。
じゃがいもの千切りをパスタに見立てて、炒め、ウニがザクザク入ったクリームソースをかけてます。
じゃがいものホロっとした食感、火を通すことによって濃縮したウニの風味をクリームがまとめている夢のような企画です(笑)。

10ウニとじゃがいも

ワインもだんだん濃ゆーなってきたばい♪
ちなみにグラスワインは赤白600円位からあります。
私は今回600円〜900円位のクラスで、料理に合ったものを十分に楽しめました。

11ワイン

そして、ケンタッキーのフライドチキン?!

12ケンタッキー

なんと、ヨルゴのフライドチキン(旧名:KFCを超えたいフライドチキン)だそうです。
良く出来たパッケージです(笑)。
肝心のお味は、うん!良く出来たケンチキ、というより、
上品なスパイス使いと上手な揚げワザのアメリカ南部郷土料理サザンフライドチキンでした。

13ケンタッキーロゴ

レバーパテ。
舌触りはシルキーで軽いですが、レバーのコクと風味は濃ゆかです。

14レバーパテ

他にボリュームのある肉料理メニューもありますが、
今回は、ちょい飲み仕様の料理を色々頼んで、ワインを楽しみました♪
フレンチや肉バルだと、その日の気分や体調、お腹具合を考慮しますが、
こちらは、フレンチベースながら、和食や中華テイストなメニューもあり、旬の野菜も楽しめるので、
使い勝手の良いお店だと思います♪

15ワイン

Yorgo
ジャンル:ビストロ
アクセス:福岡市営空港線赤坂(福岡県)駅2番口 徒歩6分
住所:〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2-15-20 まどかビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 警固×ビストロ
情報掲載日:2016年2月8日

食べログ【博多女のB級グルメ節。】
【福岡】オープン過ぎるキッチンが楽しいビストロ♪@Yorgo(ヨルゴ)



グルメブロガーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメブログランキング

Yorgoビストロ / 赤坂駅薬院大通駅桜坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6



トラックバックURL