一度浅草でドジョウを食べてみたかったので♪@どぜう飯田屋唐揚げうどん&肉そば♪@釜揚げ牧のうどん 早良店

2015年01月10日

カマンベールチーズ鍋・クリームドスピナッチ・牛すじ煮込みハンバーグ

寒いのとメンドくさいのと疲れてるので(メイクして着替えるのも面倒(^^;)、
昼も夜も外食に出かける機会が激減してます。
なので、ブログネタのストックが底をついてます…ショボン。
でも、更新は毎日したいので、穴埋めにショボい記事を入れてます(笑)。

ある日は、大根おろしアート鍋を作りたかったのですが、走った後で
大根を大量におろすのが面倒になったので、路線変更。
カマンベールチーズ鍋です。
本来は、大根おろしアート鍋と同様、白菜と豚バラのミルフィーユ鍋にして、
煮立ったところにカマンベールチーズをカットしてのせるだけなのですが、
それだと量がガッツリあるので、酒飲み仕様に変更。
キャベツをカットして鍋に敷き、その上に鶏胸肉の塩麹漬スライスをばらまき、
その上にキャベツカットをばらまき、コンソメキュープを砕いたものと
作り置きの自家製トマトソースを載せて、ぐつぐつしてきたら、
カマンベールチーズカットを載せて完成です。
ハイボールか白ワインか軽い赤ワインに合う料理です。
あくまでも少量で濃厚仕立てにしたほうが酒飲み仕様(笑)。
前菜には、アボカドとサーモンのマヨ和えガレット仕立て。
副菜には、鶏レバーのソテー(貧乏人のフォアグラ)・バルサミコソースなど。
鶏レバーは下処理して半日ほどオイルやマヨに浸けておき、
小麦粉をまぶしてソテーすると、なかなかリッチな味わいで、
安っぽいフォアグラみたいになりますよ(笑)。
ソースは、バルサミコ・醤油・蜂蜜を1:1:1の割合で合わせ、煮立てます。

1

これは、別の日に作ったクレーム・ド・スピナッチです。
ローストビーフや肉料理の付け合わせの定番。
薄味にしたら、多分離乳食とかにもいいです。
炒め玉ねぎとベーコンと柔らかく茹でたほうれん草のみじん切りを牛乳か生クリームで煮込みます。
小麦粉を少量入れると、とろみがつきます。
ニンニクも入れました。
粒コーンを入れても美味しいかも。
ラーメン屋さんでもらってはみたもののなかなか使う機会がない、
レトロなラーメン鉢に盛ってみました(笑)。

2

今回のメインはハンバーグでした。
ハンバーグの種は、半分は普通の合挽、半分は牛肉赤身肉を包丁でたたいたものにしました。
つなぎは普通のハンバーグのレシピ通りで。
ソースは、安旨コートデュローヌ1本をぶちこんだ牛スジ肉入りシチューを作っておき、
ハンバーグを焼いた後のフライパンにお玉3杯分位をぶちこみ、
しばらく煮立てて濃くして、ハンバーグにかけました。
濃厚でとても赤ワインに合いますが…残念ながらハイボールです…。
前菜には、トマトとアボカドとモッツァレラチーズのカプレーゼ風。
それに、妹からもらった牡蠣のオイル漬けの缶詰(賞味期限ちょっときれた、笑)。
他の付け合わせには、かぶのバター焼きも作ったのですが、
丁度その時ちわわんアンディをダイニングルームに入れていて、
調理中振り返ったら、テーブルに載って食い散らかしていました…。
前の日からスープで煮込んでいたのに〜。
アンディは、私の部屋ではいい子にしてるのですが、他の部屋では治外法権になるらしいです。

3

グルメレビュアーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメレビュアーランキング


一度浅草でドジョウを食べてみたかったので♪@どぜう飯田屋唐揚げうどん&肉そば♪@釜揚げ牧のうどん 早良店