人気のもやしそば&チャンポン♪@中華そば・永楽昭和食堂のオムライスとチャンポン♪@あじよし・渡辺通

2011年04月27日

飛魚スープのラー麦ラーメンです♪@あごだし麺の五島軒

【店名】五島軒(ごとうけん) 
【住所】福岡県福岡市中央区荒戸3-4-20 パークサイドアイビー2F
【営業】11:30〜15:00 18:00〜21:00(土曜の夜以外) ※要確認
【定休】土曜の夜のみ ※要確認
※福岡市営地下鉄・唐人町駅より徒歩10分

店内:ラー麦とは。@あごだし麺・五島軒


ラーメンのために生まれた小麦があります。
福岡県産『ラー麦(らーむぎ)』。
福岡県が福岡のラーメンのために新たに開発した小麦です。
色が明るい・コシが強い・ゆで伸びしにくいなど、
福岡のラーメンに多い、ストレートな細麺に合った特性を備えています。
限定生産ゆえに、ラー麦麺が味わえるお店はまだまだ少ないですが、
生産量は伸びているので、これからの期待は大です♪
今までも幾つかラー麦麺使用のラーメンを頂きましたが、
すべて博多トンコツラーメンでした。
今回は和風醤油ラーメンです。

あごだし麺 五島軒(ごとうけん)。
飛魚(方言:あご)出汁を使った麺のお店。
ちなみに博多の伝統的な雑煮は焼きアゴの出汁を使います。
飛魚(とびうお)は低脂肪高蛋白で、乾物にしたときに脂が酸化しにくく、
豊富な蛋白質はアミノ酸に分解され旨みが増すので、
出汁を取るのに非常に向いているそうです。
飛魚は長崎県五島列島の特産物であり、
お店の名前の由来にもなってるようです。

外観:営業時間@あごだし麺・五島軒

まずは、店頭のメニューを要チェック。

外観:店頭のメニュー@あごだし麺・五島軒

お店はビルの2階にありますので、階段を上がります。

外観:2階@あごだし麺・五島軒

あ、靴は脱ぐんですね〜。
アタシの大好きな温泉センターっぽいやん♪

店内:靴は脱ぎます。@あごだし麺・五島軒

入りまーす。

店内:入り口@あごだし麺・五島軒

店内のテーブル席。
こちらもなんとなく温泉センター内食堂のようなカンジですが、
テーブル間が広いので、グループや家族連れに最適です。

店内:テーブル席@あごだし麺・五島軒

しかもくつろげる座卓があります♪
テーブルは2つあって、衝立で仕切られてます。

店内:座卓@あごだし麺・五島軒

ちょっとプライベート感覚〜♪
ここは専用駐車スペースもあるので、
時間をセコく気にせず、ゆっくりできます。

店内:座卓席からの眺め@あごだし麺・五島軒

コレが基本のあごだし麺550円です。
この麺はラーメン(ラー麦麺)のことを指しますが、
具とスープは同じで、細麺の五島うどんバージョンもあります。

メニュー:あごだし麺550円@あごだし麺・五島軒

あごだし麺いただきま〜す!

料理:飛魚出汁ラーメン@あごだし麺・五島軒

和風ってカンジですね。
トッピングはチャーシュー・ネギ・青菜・煮玉子半分。
メニュー写真にはなかったワカメが入ってます。

料理:あごだし麺550円@あごだし麺・五島軒

飛魚の出汁は、スッキリ上品な風味が特徴です。
ごま油なども使ってないせいか、
ラーメンや中華そばのスープというより、
うどんのつゆのようなカンジです。
確かにコレだったら五島うどんもぴったりでしょう。

料理:ラーメンスープ@あごだし麺・五島軒

スープたっぷりなのも嬉しいです。

料理:ラーメン丼@あごだし麺・五島軒

ラー麦麺です。
他のお店で食べたのは博多の豚骨ラーメンによくあるタイプの
ストレート細麺でしたが、こちらはかなり太めです。
中太麺のラーメンよりももっと太い角々した麺です。

料理:ラー麦麺@あごだし麺・五島軒

ツルツルもっちりで美味しいです!
醤油ラーメンというより、オリジナル麺料理のような印象を受けました。

料理:ラー麦麺アップ@あごだし麺・五島軒

煮豚のようにホロホロ柔らかいチャーシュー。
1枚だけですが厚いし、他に具だくさんなので
550円という価格はリーズナブルと思います。

料理:チャーシュー@あごだし麺・五島軒

コチラは、つくねチャーシューらー麺620円。

メニュー:つくねチャーシューらー麺620円@あごだし麺・五島軒

実物です。

料理:つくねチャーシューらー麺620円@あごだし麺・五島軒

基本のあごだし麺に加えて、つくねが2個入ってます。

料理:つくね2コ@あごだし麺・五島軒

つくね、大きい♪

料理:つくね大きい。@あごだし麺・五島軒

つくねというより、柔らかい薩摩揚げかな。
練り物はあまり好きじゃないんで、ほとんど食べないのですが、
コレは白身魚のフワフワした食感で美味しかったです。

料理:つくね割る。@あごだし麺・五島軒

卓上です。
麺用の一味唐辛子がありますが、

店内:卓上@あごだし麺・五島軒

2種の柚子胡椒もあります。
オリジナルなのか、オリーブオイルやショウガも入ってて、
ネットリした新食感の柚子胡椒でした。

料理:柚子胡椒@あごだし麺・五島軒

いつものように完食です。

店内:完食。@あごだし麺・五島軒

あ、そうそう紙エプロンも用意してくださいました。
着物やドレスのヒトも安心して、ラーメンを頂けます♪

店内:紙エプロン@あごだし麺・五島軒

参考までにメニューです。
ベースは同じと思われますが、
ラーメンバージョンとうどんバージョンがあります。
コチラはラーメン(ラー麦麺)のメニュー。
※画像をクリックすると拡大します。

メニュー:ラーメン(ラー麦麺)@あごだし麺・五島軒

コチラは五島うどんのメニューです。
五島うどんは、普通のうどんより細く、断面が丸いのが特徴です。

メニュー:五島うどん@あごだし麺・五島軒

お子様用のハーフサイズもあります。
脂肪分や塩分・食材を考えたら、
子供にも安心して食べさせることが出来る麺ではないでしょうか。
小さな子供がいてもゆっくり出来る店内ですしね。

メニュー:お子様用ラーメン&うどん@あごだし麺・五島軒

喫煙席は外にありました(エアタバコです、笑)。

店内:喫煙席でエアタバコ@

ビルの1階に駐車場があり、3台分駐車スペースがあります。

外観:駐車場@あごだし麺・五島軒

グルメレビュアーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

食べログ グルメレビュアーランキング


kimono_ann at 09:26│ 麺(福岡市中央区)。 

この記事へのトラックバック

1. 飛魚スープのラー麦ラーメンです♪@あごだし麺の五島軒  [ 博多女のB級グルメ節。 ]   2011年04月27日 11:05
ラーメンのために生まれた小麦があります。 福岡県産『ラー麦(らーむぎ)』。 福岡県が福岡のラーメンのために新たに開発した小麦です。 色が明るい・コシが強い・ゆで伸びしにくいなど、 福岡のラーメ...
人気のもやしそば&チャンポン♪@中華そば・永楽昭和食堂のオムライスとチャンポン♪@あじよし・渡辺通